マルチタイムフレーム分析を自分のものできていますか?

短期トレードで利益を安定させていくために、マルチタイムフレーム分析は欠かせません。私が教えている美紀ママの短期トレード塾でも環境認識は凄く力を入れていますが、長い足のトレンドに乗ってスキャルピングをすることで利益を大きく伸ばすことに繋がってきます。

2017年5月5日のスキャルピングも、マルチタイムフレーム分析を自分のものにできていれば大幅な利益を獲得できています。

ドル円の1時間足チャートです。
フィボナッチ分析とマルチタイムフレーム分析

1時間足の前日(5月4日)の下落にフィボナッチを引いています。

東京タイム11時の足でフィボナッチ・リトレースメント38.2%反転、移動平均線(赤)サポート、5月4日16時の足(安値)サポートラインのロールリバーサル、3つの反転する根拠を確認することができています。

1時間足を規準としてデイトレードで売りを仕掛けてもいい場面ですよね(◍•ᴗ•◍)

5分足は省略しますが、次は1分足でトレード詳細を確認してみます。

勝率の高いスキャルピング手法

スキャルピングというよりデイトレになってしまっていますが、1回のトレードでも30pipsを獲得できています。

1分足だけでは価格がいつ動意づくのかや、反転しやすい場所を捉えていくのは困難です。マルチタイムフレーム分析を活用することで、相場背景を読みやすくなり、狙うべきポイントや見送るべきポイントが見えやすくなってきます。

FXでなかなか結果が出ない(≧Д≦)ともがいている方は、ぜひぜひマルチタイムフレーム分析を自分のもにしてみてください。

関連記事

  1. FXで勝てるようになるまでのステップ

  2. FXで負け組から脱出するために

  3. ナンピンで大失敗

  4. 決済ターゲットの決定方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP