調整を狙ったスキャルピング手法

18日のスキャルピングトレードは、朝から前日まで下落してきた調整波を狙った取引です。市場の参加者が入れ替わるときは相場の流れが変わりやすく、ニューヨークタイムで戻しを入れずに下落していたので調整を狙っていました。

午後から出かける予定でしたので午前中しか取引チャンスはなかったのですが、7時過ぎから9時30分ごろまで3回の取引でそこそこ利益が出ましたので終了しています。

18日のスキャルピング結果
1日の合計+5万8500円でした。

18日の1日の流れは東京タイムで調整となる戻しを入れて、ロンドンタイムで安値ブレイクする下落。ニューヨークタイムで戻しを入れてフィボナッチ・リトレースメント38.2%レベルまで戻しています。

1時間足と4時間足のダウントレンドの戻し高値をニューヨークタイムでブレイクしてきていますので、19日は東京タイムで下値を試した後にロンドンタイムから調整の戻しを入れる展開(FBの50%か61.8%レベル)とレンジ(もみ合い)の展開の両方を視野に入れて見極めていきたいですね。(4時間足の調整を入れずに東京タイムの流れから、そのまま安値を割り込む下落をしてきた時は反動も怖いので見送りです。)

私は19日の朝3回ほど取引をして3万円ちょっと利益が出ていますので、夕方から取引するかどうかはわかりません。

関連記事

  1. 買いや売りが集中しやすい流れを変えるポイント

  2. 美紀ママの実践デイトレード(7.26)+8万1700円

  3. FXの実践スキャルピング(6/6)+5万1200円

  4. 目線の切り替えが難しい相場でスキャルピング

  5. 短・中期で利益を狙える鉄板エントリーポイント(利益+9万3100円)

  6. トレンド転換から鉄板パターンでスキャルピング

  7. 1分足で稼ぐ実践スキャルピング(5/17)

  8. 美紀ママの実践スキャル(5/16)

  9. 短期足と長期足の違いとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP