ナンピンで大失敗

FXを始めたころの話ですが、ナンピンで大失敗をした過去があります(/□≦、)エーン!!

一般的にナンピンはよくないといわれていますが、やり方によっては有効な手法だとも思います。でも、初心者の人には絶対にお勧めしません。

私も今はナンピンはしていませんが、ナンピンで失敗する原因や有効な場面を考えていきます。

ナンピンというのは思惑と違った方向に相場が動いたときに、追加で注文を出していきポジションの平均価格を下げる為の方法です。

ナンピン手法や失敗例

上図)
相場が上昇するだろうと考えて1回目の買い注文を入れます。
思惑と違い相場は下落。
ナンピン1で追加の注文を入れます。
でも相場はまだまだ反転しません。
更にナンピン2で追加の買い注文を入れます。

ポイントAで決済をすればナンピンでポジションの平均価格を下げていますので損失は逃れることができます。

しかし相場は上げるだろうと考え耐えていた場合には、相場はさらに下落。
ポイントBでロスカットを決断するころには、ナンピン分のポジション損失が追加されるので大きな損失となっています。

ナンピンが危険な理由

ナンピンが危険といわれる根本的な理由は、相場に絶対はないからです。
どこまで相場が下がるのか、上がるのか。どこで相場が反転するのかなんて熟練したプロでもわかりません。

それなのに相場が自分の考えとは逆に動いたからといって、追加でポジションをたてていればいつかは資金がショートして強制ロスカットになってしまいます。

ナンピンで一番最悪なケースが、急下落や急上昇でのナンピンです。
指標発表時や突然の動きに対して逆張りで仕掛けてナンピンしていくのは、危険です。まさに落ちてくるナイフを拾う行為で、大けがをしてしまいます。

ナンピンでも有効な方法とは?

ナンピンはやらなければやらないほうがいいと私は思いますが、トレンド相場のナンピン順張り戦略(計画ナンピン)はそれなりに効果を発揮します。

トレンド相場をダウ理論の定義に当てはめると、上昇相場は高値と安値の切り上げが確認できるということが条件になってきます(ここ大事です。)

ダウ理論のトレンド相場の定義を頭にいれて次のチャートをみていきましょう。

ダウ理論を利用するスキャルピング手法のナンピン

高値Aをローソク足がブレイクしてから、次の上昇を狙って買いを入れます。

どこで反転をして上昇するかは誰にもわかりませんので、反転が確認できるポイントで買いを入れながらナンピンをします。

上昇トレンドの定義が崩れるポイントは、安値Aをローソク足がブレイクするポイント。そのポイントまでくれば無条件でロスカットです。

上図では、ナンピン2のポイントから反転をして上昇。

このように上昇であれ下落であれ、トレンド相場の押し目や戻しを狙うナンピン戦略というのは有効です。

ナンピンをするときには資金管理も重要で、1回目から大きめのロットで注文を入れていると2日目、3回目のナンピンに無理がきてしまいます。

トレンド相場のナンピン戦略ではロスカット位置が明確なので、最大で何回ナンピンを入れるかを決めてロスカット位置に近づくほどロット数を大きくするのがコツです。

例えば、
1回目の注文 1枚
2回目の注文 3枚
3回目の注文 6枚

というような方法で計画ナンピンをするのも有効です。

こういった戦略をするには、相場を読むスキルが身についてからでないと、今がレンジなのかトレンドなのかも判断できないようではリスクの高い手法になります。

関連記事

  1. マルチタイムフレーム分析を自分のものできていますか?

  2. FXで勝てるようになるまでのステップ

  3. FXで負け組から脱出するために

  4. 決済ターゲットの決定方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP