8月1日の実践トレード+2万6800円

自宅の畑でトマトが育ちました。スーパーで買ってくるトマトもいいですが、やっぱり自分で育てたトマトはよりおいしく感じてしまいます。夏場は雑草など畑のお手入れも大変ですが、収穫できた時の喜びはたまりませんね(*´ω`*)

2016年8月1日のトレードは午前中に1回だけです。
ドル円は週末に大幅下落で陰線。今日はそのまま下落するか、戻しを入れてくるのか朝からチャートを眺めていますが、買いが入りそうな展開だったのでエントリーをしています。

ターゲットにしていた赤い水平線の根拠としては、フィボナッチや上位足のレジスタンスラインです。

ダウ理論、ローソク足パターン、フィボナッチ、グランビルの法則、サイクル理論の方法や使いかた

チャートはドル円1時間足ですが、前日に下落に対してフィボナッチを引くと最初にくる抵抗ラインは76.4%です。

その付近を確認すると、トレードしている段階では1時間足の移動平均線やローソク足に引けるレジスタンスがありターゲットにできるポイントでした。

でも相場の流れをみながらローソク足の動きをチェックしていると、動画でも説明したように上髭をつけて上昇の勢いがなくなっていました。

利益も2万円を超えていましたので無理をせずに早めに決済という流れです。

結果的には早めに逃げて正解でしたが、トレードをしているときには何が正しいのかはわかりません。

そういった迷いそうな相場の時には、事前にどうするかを決めておくことも大切です。
利益を狙いすぎてせっかく含み益を失うリスクも考え、どういうときにはどうしようということを決めておくことで割り切ったトレードができるようになってきます。

今日はThe Secret FX(ザ・シークレットFX)というFX商材が販売されましたので、こちらの商材を検証していこうと考えているので個人的なトレードは終了です。

関連記事

  1. 美紀ママの実践スキャル(5/16)

  2. FXで稼いでいるママさんと情報交換

  3. ブログの更新はしばらくお休みしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  4. 美紀ママの実践スキャルピング(7/27)+1万7千円

  5. チャート分析でチェックしておきたいポイント

  6. 短期足と長期足の違いとは?

  7. トレードチャンスが来るまでひたすら待つこと(⦿_⦿)

  8. 短・中・長期チャートで相場を読む実践トレード

  9. 相場全体の流れを把握したうえで、各時間軸の買い勢力と売り勢力の視点でチャート分析をするのも大切なこと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP